あにみゅら*

リカちゃん達の箱庭的生活フォト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ちっちゃな淑女たち  

2011021315.jpg
アリス服とこの部屋の相性もなかなか。
スカートのボリュームを維持したくて、この服は常に誰かが着ています。

2011021317.jpg
愛らしいことこの上なし。
しかし光量が足りてないなー。

*  *  *
今回のタイトルの『ちっちゃな淑女たち』
そのタイトルでこういう素敵な本があります。

ちっちゃな淑女たち―カミーユとマドレーヌの愛の物語(1970年刊行)

2011021318.jpg
この表紙だけで一目ぼれ。

2011021319.jpg
この魂がこもったレース描写!作中もカラーいっぱいの豪華仕様の一冊。

原本はこういう少女達が実際にいた時代の、かつてこういう少女だった女性によって書かれたもので、貴族のお嬢様達が「健やかに賢く、気高く優しいレディ」になるための日常を道徳的内容を織り交ぜつつ描かれています。
女性作家だけに服や髪型、小物の描写が一つ一つ心くすぐられます。もちろん羨ましくなるような豪華ドールハウスを使ったお人形遊びも出てきます。


女性作家というのは小公女もそうだけど、服や髪型の描写が細かくて楽しい。人形描写も一つ一つが細かくてそれも楽しみの一つ。

挿絵は池田浩彰さんという方で、当時少年少女向け文学の挿絵で美しい絵をたくさん描いていました。
特に講談社の『世界のメルヘン』のシンデレラや白鳥王子は大変素晴らしい。
こんな緻密で美しいドレスを描く挿絵作家さんを他に知らない。

category: リカちゃん

tb: --   cm: --

管理者

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。